自分に合った保育士求人に就こう【職場選びのコツをリサーチ】

コンテンツ一覧

地域性から需要が高い職種

男女

事業所内保育所が特徴的

東京には、保育士の求人が多く集まる傾向があります。その背景は、東京の地域柄が関係しています。近年、東京に移り住む人口が増加しています。そのため、都内に子どもも増えると同時に、保育園の数も右肩上がりに推移しています。また、都市部においては、夫婦共働きの家庭が一般化しつつあります。このような要因から、東京には保育士の需要が高い状況が続いています。都内においては、オフィスビルの一角で運営する事業所内保育園の求人が特徴的です。これは、子どもを職場内の保育園に預ける安心感によって、女性が仕事を続けやすい職場環境を整えています。また、都心で働く男性が、子どもの登園をサポートしやすい利点もあります。その結果、少子化対策につながるという観点から、事業所に保育園を設ける動きが活発化しています。よって、ビジネスエリアにおける保育士の求人も多くみられます。この場合、24時間保育の園は、夜勤の保育士を募集している場合があります。さらに、保育士の資格を持つ人が子育て中でもキャリアを生かして働けるように、勤務形式を工夫している勤務先も存在します。それは、短時間勤務です。以前は、保育士は8時間労働がほとんどでした。しかし、子どもが幼稚園や学校に通っている間に働けるように、3時間から4時間の勤務で求人情報を出すケースが目立ちます。そのうえ、学校が多い地域には、学童保育職員や児童館職員の求人がみられます。これらの施設の人材には、保育士の有資格者が採用の条件になっていることがあります。