硬い脂肪も簡単に吸い出す!最新のベイザー施術の秘密

女の人

種類によってケアを変える

ウーマン

目のクマができてしまっていると、顔全体がくすんで見えたり暗い印象になってしまったりする場合があります。クマがないだけでも顔全体が明るい印象になりますので、早めに解消することをおすすめします。美容外科の施術であれば頑固なクマであっても改善できる可能性がありますので、まずは自分の目のクマができている原因を知ることから始めるとよいでしょう。目のクマは大きく分けると、茶色・青色・黒色の3種類に分けることができ、茶色は色素沈着などが大きな原因となります。色素沈着が原因の場合には、肌のターンオーバーを活性化させることが大切になりますので、有効成分を含有したホームケアで改善する可能性があります。次に青色のものは、血行不良がまず原因として考えられます。寝不足やストレスなどによって引き起こされることが多く、パソコンの画面を凝視することでも発生すると言われているのです。これにはPRP皮膚再生療法が有効とされており、肌の組織を活性化させることが改善に役立ちます。最後に黒色のものですが、これはたるみによって発生するものです。加齢によって発生することも多いのですが、生まれつき目の下の脂肪が少ない方にも発生することがあるでしょう。このタイプのクマには、青色のタイプと同じくPRP皮膚再生療法かヒアルロン酸注射が効果的であると言えます。美容外科によっては、目のクマの原因別に治療方法を紹介している場合もありますので、ホームページを参考にするのもおすすめです。