自分に合った保育士求人に就こう【職場選びのコツをリサーチ】

コンテンツ一覧

資格が不要な介護職です

男性

東京のケアワーカーの求人から、自身にあった勤務先を選ぶ基準は、施設の運営形態がポイントです。よって、勤務先のサービス体制を確認して、自身の生活に合う求人先を見極める必要があります。また、キャリアアップのバックアップ体制の有無も大きな確認ポイントです。

詳しく見る

仕事探しにネットを活用

子供

東京の保育士の仕事探しは、求人情報サイトが便利です。東京の保育士倍率は高いですが、認可施設もここ数年増えています。40代以上の女性の6割がパート雇用、20代女性と、男性は年齢に関わらず8割以上が正規雇用です。求人情報サイトのアドバイザーは東京の保育士事情にも詳しく、的確なアドバイスをくれるでしょう。

詳しく見る

地域性から需要が高い職種

男女

東京の保育士の求人の特徴は、勤務先が事業所内保育所であるケースが多いことです。事業所内保育所は、夫婦ともにフルタイムで働くの家庭をサポートするため、24時間保育を実施しているケースがあります。よって、夜勤要員の求人もみられます。

詳しく見る

核家族化が目立っている

女性

東京でケアワーカーの求人が人気なのは、核家族化や共働きなどによって要介護者を思うようにお世話できない家庭が増えてきているからです。もちろん、介護関係の資格を持っていないと務まらず、応募もできません。応募条件を確認してから応募しましょう。

詳しく見る

高齢者も働ける

女性

高齢者の仕事探しは大変です。求人も限定的で職を得るのに苦労を伴います。しかし、中には年齢制限がない職種もあります。それが、東京都が募集する保育支援員の仕事です。保育資格は必要なく、年齢制限もないので、数多くの高齢者が活躍しています。

詳しく見る

見学で見極める

ウーマン

見学時のポイント

保育業界は現在人手不足のため、全国的に保育士求人は増加傾向にあります。東京でもその傾向はあり、むしろ他の都道府県よりも東京の求人数は多くバリエーションも豊富な傾向にあります。保育士の求人が多いのは、保育園に入れたい児童が多いことと保育士の離職率が高いことが原因です。保育士という仕事は体力的にきついわりに賃金が安いというイメージがあります。近年はやや改善されつつありますが、まだまだギャップを埋めるには難しい状態です。そのような状態であるため、なかなか中堅レベルが定着せず、新人とベテランのみという状態になりがちなのです。逆に言うと人手不足のため、東京で保育士求人に応募する場合は選択肢が豊富ともいえます。東京には様々な形態の保育園があるため、求人も様々なものがあります。条件だけを見て比較するのではなく、必ず見学に行ってから応募するようにしましょう。見学するときのポイントは保育士同士の人間関係と施設の清潔さ、子どもたちの様子です。保育士同士の人間関係を見るには、なるべく日中の活動している時間帯を狙って見学に行きましょう。そうすることで子どもたちの様子も先生の様子も確認することができます。子どもたち、先生の両者がいきいきと活動しているかチェックしましょう。施設自体が新しいか古いかではなく、掃除が行き届いているか、掲示物などが最新のものになっているか、おもちゃや絵本などが適切に修理され適切な場所にあるかなどを確認しましょう。